Sa, 10. Nov 2007更新
トランペット奏者小原裕樹のサイト”管楽器奏者の部屋”へようこそ

Seit 2.Juni 2000

第25話
余分な力

ある生徒さんから嬉しいメールを頂きました。以下引用です。

>レッスン以来、上唇の脱力を最重要課題として練習しております。何の音が出ようが構わない。音が出なくても気にしない。上唇の裏側に空気が入っても気にしない。とにかく力が入らないよう注意して、少しでも力が入ったと感じたらMPを唇から離す。
こんな練習を始めてから、ここ2週間くらい前から変化を感じるようになりました。
まず、響くポイントに当たりだしたので、力が抜けて楽に吹けます。そして、楽に吹けるので、耐久力が飛躍的に伸びました。ひと月前までは、すぐバテて吹けなくなっていた練習のフレーズが余裕を持って吹けるようになりました。そして、30分以上練習しないと到達しなかった速さ(テンポ160での16分音符)のダブルタンギングが、毎回そのテンポから始められるようになりました。舌にも良い影響が出て来ました。<

この方の場合、形を気にしてあらかじめアンブシュアを作ってから息を吐いている状態でしたので、どうしてもマウスピースの中の唇に余分な力が入ったままでした。息の流れとアンブシュアに関連性が無かったのです。そこで、まず息が流れて、それに応じてアンブシュアが適切なバランスをとる(唇がどうなっても構わないと言う気持ちで!)ということを徹底してやって頂きました。上記のメールはその後一ヶ月後位に頂いたメールです。
この生徒さん以外にもマウスピースの中の唇に余分な力が入っている方を沢山見てきました。しかし困ったことにほとんどの場合それを自覚している人はほとんどいません。感覚的なことですし相対的に「抜けた」という経験をしない限り、なかなか余分な力が入っているかも?とは疑わないのでしょう。特にある程度吹けて、とりあえず音が並んでいる様な人に多く見受けられます。しかし何らかのきっかけによって力が抜けた瞬間はこの方のように劇的にわかります。レッスンをしていてもこの瞬間はとても嬉しくなります。
では余分な力が入っているかどうかを見極めるにはどうしたら良いでしょうか?感覚だけで判断するのではなく耳と共に判断するのが重要だと思います。音を聞けば余分な力が入っているかどうかわかるはずですし、それを判断出来る耳が必要です。はじめはわからなくて誰かに聞いてもらうのも良いでしょうが、やはり自分の先生は自分の耳なのではないでしょうか。

参考:第21話 耳も育てよう

ブログ形式のお知らせはこちらです